アトモキセチンはノルアドレナリンのトランスポーターを抑制

アトモキセチンの効果ってどんな感じなの?

アトモキセチンの効果についてですが、
まず、アトモキセチンの薬が処方されるのは注意欠陥・多動性障害の患者になります。

 

では、どうして「注意欠陥・多動性障害」が発生するのでしょうか?
原因としてはさまざまなことが考えられているそうで、基本的には子供の頃の環境や親のしつけなどが原因だそうです。

 

自分に対して”悪い影響”を脳の前頭部に受けることで、次第にノルアドレナリン(ドーパミン)の量や活動が低下するとされています。現段階では、はっきりとした注意欠陥・多動性障害の原因はわかっていないそうですが、ノルアドレナリンを増やすことで、改善することがわかっているとのこと。

 

そこで、アトモキセチンの効果になります。

 

トップページ■でも少し説明したのですが、このアトモキセチンの効果としては、注意欠陥・多動性障害の原因であるノルアドレナリンを増やしてくれます。

 

ただし、アトモキセチンを服用することで、直接的にノルアドレナリンが増えるわけではなく、ノルアドレナリントランスポーターを抑制することがポイントです。

 

このトランスポーターは、ある意味ではノルアドレナリンの量を減らす”悪い効果”が起こるために、この部分を抑制することで、ノルアドレナリンが増え、結果的に集中力や注意力が高まり、そして注意欠陥・多動性障害の改善につながるということになります。