効果があると副作用もおこってしまいます。

アトモキセチンの副作用の原因とは?

他のページではアトモキセチンの効果について話したんですが、こちらでは副作用について、少しお話をしていきたいと思います。

 

まずですが、国内だけで注意欠陥・多動性障害の治療薬として2種類が処方されています。
一つが2008年から処方されるようになったコンサータで、2009年の最新版がアトモキセチンになります。

 

根本的な部分で成分などが異なるのですが、特徴的なのが服用年齢です。
コンサータは18歳未満ですが、アトモキセチンは年齢関係なく服用することができます。

 

特に、アトモキセチンは副作用が少ない所に評価が高いです。

 

どうして副作用が起こるの?

薬などを服用すると、どうして副作用が起こりやすくなるかというと、これは効果をもとめる部分とは違う部分に作用が起こるからです。そのために、副作用・副効果が起こってしまいます。

 

しかし、アトモキセチンの場合は、ノルアドレナリン(ドーパミン)だけに作用するために、副作用が少ないとされています。

 

この「副作用が少ない」ということは、完全に副作用がないということではありません。
どうしても、アトモキセチンの服用を始める初期段階では副作用が起こることはあります。この理由としては、アトモキセチンの効果により、普段とは異なり、ノルアドレナリンが増えるために、体内の様々な部分が抵抗するために、副作用として「頭痛、吐き気、食欲不振」などが起こりがちになります。

 

ただし、1〜2週間ほど服用を続けることで、抵抗が収まるために、自然に副作用も弱まるとされています。