どれだけ意識をするかが重要になると思います。

アトモキセチンに頼ることなく、自己的な意識を

アトモキセチンを服用することで、注意欠陥と多動性障害の症状をやわらげたり、改善をすることができます。しかし、あくまでも薬を服用しているときに試加工がありません。

 

そのために、継続して薬を服用しつつ、普段の生活の中で自己的に改善を図ることが重要になります。

 

例えば、私の場合は、仕事中の時など、集中力の低下などが多く、ミスが多発していました・・・。それが影響して、アトキセチンを服用しているのですが、集中力や注意力は正常を高めることができます。この時をいかして、普段から心の中を平常心を保つようにしております。

 

それから、常に頭の中に意識しているのが「自分はもうすでに治っている」っと思い込むようにしています。前の私では、すぐに弱音を吐いて、頭の中がぐちゃぐちゃになることが多かった。

 

しかし、アトモキセチンを服用し、正常な心の中で、どれだけ症状を受け止めて治療の取り組んでいくかが重要で、ちょっとしたことでもいいので、さまざまなことを意識して前に進んでいくということが改善につながると思います。