量が多すぎることで副作用が起こるケースも

薬の説明書

一般用の医薬品を正しく理解する上で、手がかりになるのて添付されている説明書です。ただし、アトモキセチンを病院で処方してもらうのなら問題はありませんが、海外から処方する場合は英語で書かれていることが多いために、理解が困難になります。

 

用法と用量しか読まない人が多く、冒頭に必ず使用にあたって、説明文書を必ず読むことが大事と書かれていますが、英語だとどうしてもよめない、、、。

 

アトモキセチンは、症状によって服用量は異なりますが、1日に2〜3錠を食後に服用します。ただし、容量により、過剰摂取で副作用が起こる可能性もあります。

 

まずは、精神科の医師より明確な説明を聞いた後に、用法用量を守ること。

 

薬の服用方法は、一回の服用量、一日の服用回数など、説明書に明記されているものですが、個人輸入で購入するとどうしても読み取ることが困難になるためにまずは病院で診察を受ける、それからインターネットで調べるのもひとつの手段になります。

 

個人輸入でアトモキセチンを購入することは、価格を安く、そしてわざわざ病院に行かなくていいので、それなりのメリットは有りますが、それ以外にデメリットが有るために、理解をした上で利用することが大切になります。